留学ってどうするの?
世間一般的となった海外渡航。しかし現地の学校へ通うのは通常の旅行と比べてもお金がかかるし、入念な準備が必要なもの。
このページではお客様の質問にわかりやすくお答え致します。
もちろん、このページだけではすべての質問を網羅し、細部にわたって説明をすることはできませんのでぜひ無料カウンセリングをお受け下さい!

1.国に関する質問
2.学校に関する質問
3.生活に関する質問
4.宿泊に関する質問
5.お申込みに関する質問

Q1 どこの国が良い? 英語はどこの国でも学べるので「自分は英語の勉強以外に何がしたいか?」を考えてみてください。例えば、歴史が好きで博物館や美術館巡りならヨーロッパ、青い海でダイビングやマリンスポーツ三昧ならオーストラリア、都会と大自然を満喫なら北米など、お客様の見たい、やりたい事を重視して決めるのも一つの手です。当社カウンセラーの経験を参考にするのも良いでしょう。
Q2 訛りは?
日本の学校で習う英語はアメリカ英語ですが、アメリカ以外の英語訛りを身につけたからといって、他の国で通じないというわけではありません。訛りはどこの国または都市によってもあるもので、留学先を決定する最優先項目としないことをお勧めいたします。留学先の訛りが身につくということだけでもそれは立派なことです!
Q3 治安は? 国や都市により様々ですが、節度ある行動をとれば、どこの国でも問題なく生活ができます。ただし、夜間の一人歩きはしないなど、日本にいるときと同じ気持ちで生活するのではなく、ご自身で責任を持って行動しましょう。治安上の問題で希望国をあきらめてしまうのはもったいないことです。治安レベルもお客様の事前知識や行動により変わってくるのです。
Q4 人種差別は? 残念なことですがどこの国に行っても存在するのが事実です。しかし、多くの留学生全体を見た時に、学生一人当りが差別をうける頻度はそれほど高いとは言えず、長期留学であれば1度や2度はあって当然のこととも言えます。そんなときでも悩んだり怒ったりしないで、相手がどういう人間なのかを良く理解し、日本人であることにプライドを持って生活してほしいものです。
Q5 ビザは?短期(12週以内)留学であれば基本的にほとんどの国でビザ(査証)を取得する必要はありません。12週を越えると、北米、オセアニアで勉強するには日本で学生ビザを取得する必要があります。国によっては、授業時間数により、12週以内でもビザが必要な場合もありますので、まずは、当社カウンセラーにお問合せください。

Q1 どんな学校がある?大きくわけて、私立の英語学校、大学・専門学校付属の英語学校に分けられます。私立学校は短期から長期まで受け入れており、多くの学校で毎週入校可能、さらに1〜2週間から入校可能なのが特徴です。期間や時期に制限のある短期留学を希望している学生にお勧めです。学校の規模も様々で、30人ぐらいの小規模なものから800人ほどのカレッジ並の規模を持つものまであります。それに比べ大学・専門学校付属英語学校は長期向けと言えます。入校日があまり多く設定されておらず、将来的にその大学・専門学校の学部に入学したい場合や、キャンパスライフを味わいたいケースにお薦めです。多くの場合、大学・専門学校のキャンパス内にあるため、大学の設備が利用できることもあるので大変便利です。
Q2 国籍は?外国人のための学校なので国籍は多様ですが、欧米やオセアニアなどは人気があり、1つのクラスに日本人が集中してしまうという事もあります。また、日本の学生が休暇中は、一時的に学校やクラス全体的に日本人が多くなる事もあります。ただし、日本人が少ない環境を求めても、たった一人いる日本人学生といつも一緒にいては同じこと。日本人の数にとらわれず、自分の行きたい国、都市、コース内容を重視して選ぶことをお勧めします。学校全体としては、近隣諸国から学生が多く集まる傾向にあり、オセアニアは東南アジア、北米は南米、ヨーロッパはヨーロッパ大陸の学生が多く学んでいます。
Q3 勉強内容は?ほとんどの学生は一般英語コースに参加します。内容は英語の5大要素、リーディング、ライティング、スピーキング、ヒアリング、グラマーなどやディスカッション、ロールプレイゲームなどをバランス良く組み合わせたクラスが一般的です。1週間あたり15〜30時間の授業を選択できるようになっており、午前中の授業のみを選択する場合は午後は自由時間になります。また、学校により、英語検定試験対策コース(TOEFL、TOEIC、IELTS、ケンブリッジ英検)や、6〜9ヶ月の長期英語コース、1対1の個人レッスンも開講しています。
Q4 先生は?先生は英語教師の有資格者です。多くの先生は海外で英語を教えた経験を持っており、英語の勉強に対して外国人の持つ得意不得意を良く把握しており、授業を盛り上げるため一生懸命教えてくれます。勿論、人同士ですから、合う先生と合わない先生もいると思いますが、それぞれの先生方のやり方で、英語を学んで貰おうと一生懸命なことには変わりありません。但し、どうしても何かおかしなことを感じた場合には、学校の他の先生やヘッドティーチャー、居る場合にはカウンセラーに相談しましょう。
Q5 レベルは?日本の中学校卒業レベルの英語力があれば入校可能で、ほとんどの学校で初級から上級まで、5〜10段階にクラスがわかれており、初日のテストにより自分のレベルにあったクラスへ振り分けられます。もちろん、そのクラスが自分のレベルに合わないと感じた場合は先生に相談し、クラスを変えることも可能ですが、「上のクラスへ行くにはまだ早い」「このレベルでがんばってみなさい」などと逆に説得されるケースもあります。先生も学生のことを考えているということです。
Q6 通学は?滞在する都市・学校にもよりますが、通学方法は徒歩、自転車、鉄道/地下鉄、バスなど、通学時間は10分〜1時間くらいが一般的です。都市部の学校では通学に地下鉄やバスを利用し、通学時間も1時間前後と長めですが、都市郊外や地方都市では自転車や徒歩で15〜30分ほどの学校もあり、通学環境は格段に良くなります。交通費も踏まえて留学費用の準備が必要となります。
Q7 設備は?ほとんどの学校に、コンピュータルーム、ラウンジ、教室などがあり、設備の良い学校では、学生食堂(カフェテリア)、図書室、庭などがあります。中には書店や休息室がある学校も。大学や専門学校の付属学校ではキャンパスにある設備のほとんどが利用することができます。

Q1 学校以外の時間は?どこの国でも共通していることは、日本に比べ娯楽が少ないということ。そこで役に立つのが学校が手配または主催するソーシャルプログラムや週末のエクスカーションです。放課後に最寄の観光地に行ったり、パブ、カラオケナイト、クイズナイト、映画鑑賞など、無料のものと参加料が必要なものとさまざま。週末には1泊2日で小旅行を案内している学校もあります。その他はホストファミリーや友人と過ごしたり、学校で自習、宿題をしたり、個人で旅行したり、自由な時間を自分の過ごし方でお楽しみください。留学は旅行の一部です。勉強だけではなく、その国の文化や人との交流も楽しんでほしいものです。
Q2 お金は?
長期で留学する場合、現地銀行の口座を開くのが一般的です。または各銀行の海外で使えるキャッシュカードや、キャッシュカードやクレジットカードのように利用できる、プリペイドカード「キャッシュパスポート」も人気があります。短期の場合は現金、トラベラーズチェック、クレジットカード、ワールドキャッシュカードを併用するケースが多いようです。外国ではスリなどの軽犯罪が少なくない事から、社会人の方でも財布には2,000円程しか持ち歩かないそうです。お金の管理には注意しましょう。
Q3 問題が発生したら?
事件や事故、パスポート紛失などの重大な問題は、最寄の日本大使館、領事館、警察に申し出ましょう。生活上のささいな問題は、現地のサポートオフィスや学校、ホームステイであればホストファミリー、信頼できる友人に相談するのが良いでしょう。ただ、せっかくの海外生活です。自分で問題を解決する意志を持ってこそ海外にでる意味があります。まずは自分でトライしてみましょう。
Q4 日本との連絡は?
最近では国際ローミング可能な携帯電話をお持ちなる方も多く、日本との連絡は昔ほど難しくはありません。また、インターネットカフェや大学・語学学校に設置がある場合には、パソコンを利用してメールも可能です。(日本語に互換性のあるコンピュータは稀ですので、ご注意ください。)電子メールの普及とともに手紙でのやりとりはすっかり減りましたがエアメールも風情があって良いものです。現地では、いざという時の為に、公衆電話から海外にかける方法を確認しておくと良いでしょう。
Q5 日本から持っていくものは?
どこの国でも、大抵のものは購入できるので、日本から荷物を持ちすぎるのはやめて、足りないものは現地で調達したほうが良いでしょう。一般的に持っていくと便利、とされているものは変圧器、電子手帳などです。また、飲み慣れた常備薬を持っていくことをお勧めいたします。

Q1 どんなタイプ?
一般的には現地の家庭にお世話になるホームステイ、学校や民間で経営する学生寮・アパートメント滞在の2種類があります。英語力を伸ばすという観点ではホームステイが最適です。英語学校では英語圏以外の学生と知り合う機会はありますが、英語を母国語とする外国人と知り合う機会は多いとは言えないため、ホストファミリーとの会話は一番効果的です。なお、食事は朝と夕食がつくのが一般的。学生寮やアパートは料金的には割高で食事も含まれてないケースが多いと言えます。
Q2 ホストファミリーって?
小さな子供がいる家庭、老夫婦や未亡人の家庭、動物を飼っている家庭など、ホストファミリーも多種多様です。従って「ホストファミリー」とは言っても、そのファミリーがホストマザー一人のみの場合もあります。また、お客様以外にも学生を受け入れているケースもあり、国籍は別になるよう配慮されていますが、必ずしも1家庭1学生というわけではありません。
Q3 ホームステイ先でインターネットは使える?
ほとんどの場合利用できないと考えたほうが無難です。ホームステイ先にコンピュータがあり、利用して良いと言われれば利用しても良いですが、自分でパソコンを持っていってそれをインターネットに接続するのはトラブルのもとにもなりかねませんし、ほとんど不可能です。どうしてもインターネットが必要、という学生は、海外で使えるwifi契約をしていくことをお勧めいたします。
Q4 ホームステイ先では何に気をつけるべき?
まず確認することは食事の時間と、お風呂の利用について。特にヨーロッパやオーストラリアの場合、お湯は大変貴重なものとされており、シャワーの使いすぎを後になって咎められないためにも利用前に確認が必要です。留学で一番難しいのはホームステイ。いきなり知らない人の家に泊めてもらうわけですから、最初はお互い気を使うでしょう。しかし、こちらから率先して協力姿勢をみせ、相手の好意を引き出すことも必要ですし、相手の文化へ飛びこんでいったわけですからある程度我慢も必要かもしれません。ただ、お金を払って宿泊しているのですから、家事の手伝いなども義務ではありませんし、どうしてもおかしいと思う場合は学校へ申し出て、ホームステイ先の変更を相談してみるのも良いでしょう。ただ、仲良くなって生涯の友人となるケースもけっして少なくありません。積極的に話しかけて良い関係をつくりましょう。
Q5 お土産は?
外国では知らない人にお土産を上げるという習慣はないため、どうしても必要なものではありません。ただ、自分の文化を知ってもらうという行為の一環として、例えば食事を作ってあげたり、何かかさばらないものを日本から持っていくことは良いと思います。

Q1 誰でも申込みはできる?
学校の定める規定に準じます。英語のレベルについては、ほとんどの学校で不問で、日本の中学校卒業レベルの英語力があれば入校できます。年齢制限は、設定している学校もありますので、お問合せください。
お申込みはお電話、ファックス、電子メールをご利用下さい。ご連絡を頂きましたら、さっそくお客様のご希望をお伺いし、その後の過程をご説明申し上げます。
Q2 申込みから入校まではどれくらい必要?
ビザ取得が伴わない留学であれば2ヶ月ほど前にお申込み頂くと、一番スムーズに手配が進みます。出発の2週間ほど前でも申込みはできますが、1ヶ月をきってからの申込みではご希望の学校で手配できない場合もあり、手配が滞る、または手配を遠慮させていただくケースもありますのでご注意下さい。ビザ取得が伴う場合は遅くとも3ヶ月前にはお申込み下さい。
Q3 1週間から入校可能か?
多忙な学生、ビジネスマン、OLの方のために、1週間単位で入学できる学校があります。もちろん、1週間で得られるものは限られますが、集中英語コースを受講したりマンツーマンコースを取ることにより、時間は最大限有効に使えます!
Q4 STAグローバルセンターでは何が用意できる?
当社は観光庁長官登録の旅行会社です。学校手配はもちろん、航空券予約、海外旅行傷害保険加入、各種カード(国際学生証、国際青年証、ユースホステルカード)発行、ホテル、ユースホステルの予約、鉄道パス予約などお取扱しております。また、旅行の必需品、海外旅行傷害保険の即日発行や、便利なキャッシュパスポート申込み受付などもしております。個人旅行を手がけて25年以上の実績を持つ STA Travel ならではの商品の豊富さが自慢です。
Q5 換算レートは?
当社ではよりわかりやすく、という趣旨のもと、学校料金をすべて現地の通貨で提示しております。おお申込み時の弊社換算レートにて換算し、その合計を日本円でお支払い頂きます。学校への送金の際に発生する送金手数料はこの中に含ませていただいております。
Q6 カウンセリングは?
カウンセリングは無料で行っております(要予約)。お客様のご要望に沿って一番適当と思われる学校を紹介させて頂いたり、ご希望の学校のが決まった場合には、その費用がどれくらいかかるのかを無料でお見積もり致します。ホームページからのご予約も受け付けております。