穏やかな四季が織りなす雄大な自然が魅力のニュージーランドは英語はもちろん、生活文化や食文化などさまざまな分野においてイギリスの影響を受けています。教育水準も高く保たれ、治安も良く、観光だけでなく語学研修やワーキングホリデーにも大変人気があります。
※下記情報は2016年11月現在のものとなります。ビザ情報などは予告なく変更となる場合があります。

正式国名 ニュージーランド




首都 ウェリントン
人口 約400万人
面積 約27万534km2 (日本の4分の3)
元首 イギリス君主(現在は女王エリザベス2世)であるが、ニュージーランド政府の進言により任命された国家元首の代理人として総監がいる。
民族構成 ヨーロッパ系74%、マオリ14.9%、その他
宗教 主にキリスト教。英国国教会、ローマカトリックなど
言語 公用語は英語とマオリ語。
時差 日本との時差は+3時間。サマータイム(9月最終日曜から4月最初の日曜)はさらに+1時間となり、合計+4時間となる。(年によって異なる)
通貨 通貨はニュージーランドドル(NZ$) $1=100c(セント)
気候 日本と気候が逆になる。最も暑いのが1〜2月、最も寒いのが7月。
水道水は飲めるが、心配な人はミネラルウォーターを買うことをおすすします。
チップ 原則は不要だが、高級レストランやホテルで特別なサービスを受けた場合は料金の約10%〜15%を渡しましょう。
フライト 日本からはオークランドへ直行便が就航している。オークランドまで約10時間30分。
電圧とプラグ 標準電圧は230〜240ボルト、50ヘルツ。日本から電気器具を持ち込む場合、変圧器が必要です。プラグはハの字型(0型)。



=============== ビザ概要 ===============
発給制限:制限なし
対象年齢:18歳〜30歳
入国期限:発行から1年以内
滞在可能期間(最長):1年3ヶ月 ※農園でアルバイト3ヶ月行った場合
就学出来る期間:6ヶ月以内
=============== 参加資格 ===============
日本国籍を有すること。
パスポートの有効期限がニュージーランド滞在予定期間よりも3ヶ月以上あること。
ビザ申請時の年齢が18歳以上31歳未満であること。
過去にニュージーランドのワーキングホリデー終了許可通知書の発給を受けていないこと。
最低4,200NZドル(約32万円)の資金を有すること。
入国時に帰国用の航空券か航空券に値する資金を有すること。
仕事や勉強ではなく、休暇を過ごす事を目的としてニュージーランドに来ること。
扶養している家族の同行がないこと。
健康条件を満たしており、犯罪歴がないこと。
=============== よくある質問 Q&A ===============
今30歳なのですが31歳になってからの入国は可能でしょうか?
A 31歳の誕生日までに入国しないとなりません。
ニュージーランドへの入国はいつでも出来ますか?
A 有効期限内であれば(発行日から1年間または、1年3ヶ月有効)に入国する必要があります。




・・・ サポート全2都市 ・・・
オークランド、クライストチャーチ

空港送迎サービス
各都市空港から現地日本人スタッフ(または日本語を話す現地スタッフ)が滞在先までお連れ致します。
24時間緊急連絡先サービス
事件、事故、病気などに24時間日本語で対応します。(現地へ出向く必要がある場合は別途費用)
オリエンテーション(到着時)
生活カウンセリング
悩み事や相談には経験豊なスタッフがお答えします!
各種旅行手配
現地オフィス利用
インターネット利用、銀行口座開設のお手伝い、携帯電話貸出相談など。
フラット、アルバイト情報サービス
  フラット(アパート)、アルバイト探しの相談(斡旋ではありません)
英文履歴書作成
  アルバイトの面接時に必要な書類作成のアドバイス
手荷物預かり
  現地オフィスにてお客様の荷物を一時預かり、管理いたします。