イギリスは博物館美術館、美しく歴史ある街並みがあり観光旅行の目的地としても非常に人気の高い国です。交通機関が発達しており、バスや鉄道、飛行機やフェリーなどを使いイギリスやヨーロッパ主要都市を簡単に行き気出来るので、留学中やワーキングホリデーでの渡航中に色々な場所を楽しみたい人にもお勧めです。

※下記情報は2016年11月現在のものとなります。ビザ情報などは予告なく変更となる場合がございます。

正式国名 グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国
首都 ロンドン
人口 約6,300万人
面積 約24万4000km2 (日本の約3分の2)
元首 女王エリザベス2世
民族構成 イングランド人5,300万人、スコットランド人530万人%、ウェールズ300万人、アイルランド人180万人
宗教 英国国教会85%、カトリック10%、パプティスト3% 他
言語 英語が主、ウェールズ語、ゲール語(スコットランド、北アイルランドの一部)
時差 日本時間 -9時間(サマータイム:3月の最終日曜から10月最終日曜は-8時間)
通貨 通貨は£(ポンド) £1=100p(ペンス)
気候 北緯50〜60度の間にあり、ロンドンでさえ、北海道よりずっと北に位置する。英国の天候は変わりやすいので、季節を問わず、薄手のセーターや、レインコートなど雨天用の上着を持っていくと便利です。
イギリスの水道水は日本と異なり、硬水。そのまま飲むこともできるが、ミネラルウォーターを買うことをおすすします。
チップ ホテルやレストランなどの料金にサービス料が含まれている場合、必ずしもチップは必要でない。(快いサービスを受けたときには、料金の約10%〜15%を渡しましょう)
フライト 日本からイギリスまでは、直行で約12時間。
電圧とプラグ 英国の標準電圧 240ボルト、50ヘルツ。日本から電気器具を持ち込む場合、変圧器が必要です。プラグは三つ又で、先が四角い形(BFタイプ)をご用意ください。



=============== ビザ概要 ===============
参加資格の取得は“抽選方式”となります。
応募人数:1,000人(毎年11月に募集要項が発表されビザの抽選は毎年1月に実施されます。)
対象年齢:18歳〜30歳(招待状を受け取った時点)
滞在可能期間(最長):2年間
就学出来る期間:制限なし
就労できる期間:制限なし
申請にかかる期間:抽選当選後、オンライン申請の入力を開始してから120日以内。
=============== 応募資格 ===============
日本国籍を有すること。
申請時の年齢が18〜30歳であること。
過去にワーキングホリデーでイギリスに滞在していないこと。
申請時に1,890ポンド(約30万円)の資金を証明できること。
申請時に申請料230ポンド(約3.4万円)を支払えること。
イギリス国外で申請すること。
子供を同伴しないこと。
=============== よくある質問 Q&A ===============
Q: 抽選にうかりましたが、当選後イギリスから届きたメールはビザではないのでしょうか?
A: 当選メールはビザではありません。イギリス大使館へビザ申請をする権利を貰ったメールです。
そのメールを基にビザの申請が必要です。
Q: 現在30歳で来月31歳になりますが申請可能ですか?
A: 31歳になるまでに申請をしてビザを取得すればその日から2年以内に入国すれば良いです。
 

00