近い将来、語学と大学で学んでいる写真の勉強のために長期留学を考えていて、その前に短期留学で海外での体験をしてみたいと思ったため。

留学に行ったら、たくさん写真を撮っていろんな人と交流がしたいと思っていました。

 



初めての一人旅!!!ということで期待と不安で一杯でした。
しかし、自分でも驚くほどスムーズにヒースロー空港に到着!

「Yui」という紙を持った男性もすぐに見つけて、音楽ガンガンの
ノリノリの車でホームステイ先のおうちへ連れて行って頂きました。


 



おじいちゃんとおばあちゃん二人のお宅で、とても優しかったです。

沢山ホームステイしている人がいて驚きましたが、特に中国の女の子3人と、歳が近いイタリアの男の子2人とも仲良くなり、1人は学校も一緒でクラスも一緒で毎朝一緒に登校していました。

彼らが先に帰国してしまった時は、今回何よりもさみしかったですが、また会おうと約束し、それまでにもっと英語を勉強しておこう!とすごくすごくやる気になりました。

家のルールは夜11時までにシャワーを浴びるとか色々あり、最初にルールの紙を読みました。私も含め皆怒られていましたが、みんなで支え合っていました(笑)


 


私は朝食を食べませんでしたが、食べたい人は勝手に食べて自分で食器を洗って、という感じでとても自由でした。

イギリスということで「食」には期待はしていなかったのですが、夜はホストマザーが美味しいご飯を準備してくれて、いつもポテトとサラダと他に4・5種類くらいありました。
デザートも必ずあり、とても恵まれていました。

 



アットホームな学校でした。自分のレベルにあったクラスで学べました。小さくみんな仲の良い学校でした。初日にテストを受けてクラス分けをしました。テストは選択式と作文でした。もしクラスが自分にあっていないと感じたら、気軽にスタッフの人達に相談できます。

授業は、会話が中心で、みんなたくさん発言や質問をします!テーマにそって会話したり質問しあったり。
ときどき先生の英語クイズで盛り上がったりしました。楽しく英語を学べ、分からなくても置いていかれたりしません。
最初は緊張していましたが、慣れてくると私も積極的に質問するようになりました。


 


放課後、みんなでお昼を食べたり、ツアーに参加したりミュージアムに行ったり、宝物の思い出です。
 



お昼は毎日5〜7ポンドくらいでした。
毎日、放課後は3ポンドのコーヒーを飲んでいました。
ミュージアムは無料ばかりでしたし、交通費くらいしかかかっていません。
交通費はあちこち行ったので180ポンドくらいかかったと思います。
その他は、夜のパブ代、お買い物(おみやげや服等)に300ポンドくらいです。
(1ヶ月で合計760ポンドくらい使いました。)



 


2週間くらいたったら結構耳が慣れたなと感じました。しかし単語力はやはりぜんぜん足りていないと感じました。
カフェやお店の店員さんとサラッと会話が出来た時、とっても嬉しかったです。同じカフェやレストランに通うと覚えててくれて話しかけてくれました!
1ヶ月いて、もっと勉強しようとモチベーションがあがりました。
 



一番大切なのは”友達”です。
外国に行って外国人ばかりでみんな外国語を話していてすごく不安になりました。学校にもステイ先にも日本人は私一人でした。そんな中、友達が本当に支えでした。
お互い一生懸命話そうと、聞こうとして、でもよくわからなくてお互い笑っちゃって・・・一緒にご飯食べて一緒に出かけて、一緒に電車間違えて・・・そんな風に過ごしていたら、もうすっかり大切な、大好きな、すてきな友達です。
コミュニケーションはバンバンとるべきだと学びました。



 
※上記記載情報は2016年10月現在のものであり、予告なく変更となる場合があります。
旅行企画・実施
株式会社エスティーエートラベル

観光庁長官登録旅行業第937号

一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員、留学・語学研修等協議会(CIEL)会員、ボンド保証会員
一般社団法人J-CROSS留学サービス審査機構認証、国際航空運送協会(IATA)公認、旅行業公正取引協議会会員

お申込み前に必ずご一読下さい。
・【海外語学研修】旅行条件書 ・【海外語学研修】ご参加にあたっての注意事項

「Copyright © 2006- STA Travel, Japan All Rights Reserved.」